All Mimsy Were the Borogoves

ごちゃ混ぜ度とテンションが割と高めなブログもどき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ティム・バートン版 『スーパーマン』の死

Kickstarterで企画が進められていたドキュメンタリー映画 『The Death of Superman Lives: What Happened?』の新予告がSDCCで公開されました。



いちばんの問題はニコラス・ケイジだったんじゃないかと思うんだけど……




ティム・バートンが監督するはずだった幻の企画 『スーパーマン・リヴズ』がどのように消えていったのかを追うドキュメンタリーのようですね。

確かにコンセプト・アートを見るかぎりは、 ティム・バートンの雰囲気がちゃんと出てたみたい。
なぜニコラス・ケイジ (アメコミ・ファンとはいえ)を主演にしたのか……息子にカル・エルって名前をつけてたくらいですが。

あ、 悪役はブレイニアックだったのか。 なんか納得。

QLOOKアクセス解析
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/07/25(金) 19:56:02|
  2. 新作情報いろいろ
  3. | コメント:0
<<SDCCからマーベル・スタジオズ映画情報いろいろ! | ホーム | 『スター・ウォーズ/反乱者たち』 新予告編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。